長引く不調の意外な原因

長引く不調の原因は、意外なところにある?

慢性上咽頭炎

?聞きなれない言葉だと思います。
私も、つい最近知りました。

この疾患が病巣になり、いろいろな疾患

潰瘍性大腸炎や掌蹠膿疱症や慢性咳、後鼻漏、頭痛
を引き起こすことがあることがあると
最近、明らかになってきたようです。

そのほかにも慢性上咽頭炎が

原因不明の頭痛・顔のいたみ・浮遊性のめまい・肩こり首コリ・過敏性腸症候群・うつ

などいろんな病気の病巣になっていたりします。

私は、ぶつけた覚えもないのに、3年ほど前から脚にあざができてしまったんです。

消えないのでぶつけたあざでもないだろうし、冷え性だからかなとか、加齢による
静脈瘤も疑い専門医にも診てもらいましたが原因不明。

こんなんじゃ、スカート気軽に履けない(履いていましたが)と思いながら
ネットで調べる事、半年くらい やっと同じような状態の画像を見つけました。

慢性色素紫斑病

私のあざとそっくりな紫斑でした。

この画像の方は脚から遠く離れた喉の炎症 慢性上咽頭炎を治療したら

脚のあざがキレイになったようです。

わたしも、もしかして、上咽頭に原因があるのかもしれない。

と思い、慢性上咽頭炎を見て下さる病院を探して(どこの耳鼻科でもやっているわけではないのです)
検査したら、ビンゴ! 重症の慢性上咽頭炎でした。

先生がおっしゃるには

「紫斑が本当に慢性上咽頭炎が原因で起きているのかが分からないから、
治療をしたところであざが絶対消えるとは言えない。

だけど、治療することにより、痛めやすかった喉は良くなるよ。」

もともと喉がすごく弱い私。

アロマをやり始めたのも、喉が弱いため、すぐ風邪をひいてしまう。

アロマで以前より対処療法はできていましたが、元々の弱い喉をどうにかできるならば

これは治療してみるしかない!

と思い、耳鼻科でBスポット療法(EAT療法)を開始しました。

60年ほど前からある原始的な療法で塩化亜鉛をしみこませた綿棒で

上咽頭を過擦するというもので、出血してとっても痛くてびっくりします。

不思議なことで回数を重ねていくと出血もなくなり痛くなくなるようで

私も回数を追うごとに出血と痛みはマシに。

けれども、ウン十年慢性上咽頭炎を患っていたであろう私の喉は

まだ出血はするし、痛みもある。

そこで上咽頭炎に効くアロマを使って直りを早くすべく調合してみました。

タイム・サツレオイデス、ニアウリシネオール・・・免疫調整作用(過剰に働きすぎや不足の場合、バランスを整える)

ユーカリラディアタ・・・・気管支の粘液分泌腺刺激作用

ラヴィンツァラ・・・呼吸器鬱血除去作用

これらの精油にはすべて優れた抗菌・抗ウィルス作用があります。

一日3回、塗り始めたら、治療回数重ねたこともあるかもしれませんが

あら不思議

いつも通り耳鼻科で週2回定期的に擦過治療を受けているのですが

出血がピタリと止まりました。

快方に向かって嬉しいです。

慢性上咽頭炎がすべての病気の原因になっているとはかぎりませんが

慢性上咽頭炎を治したら体調が良くなるので

病院にかかっても治らない疾患をお持ちの方は一度、

慢性上咽頭炎を専門的にみてくれる病院で診察受けてみるのもいいと思いますよ!

私はまだ、完治はしていないのでまた経過報告させていただきますね。

SNS

最新の記事

Categories